歴史

更年期障害の歴史を辿ると、男性は米国のウェルナー博士が症例を報告したのが最初であると言われます。
女性は更年期障害の報告例は少ないですが、昔から更年期障害は女性特有病気であると言われており、更年期障害は女性が常にクローズアップきた経緯があります。
更年期障害は基本的には男性女性共に40歳前後症状が現れます。
男性では筋力の衰え、疲労、肩こり、不眠症、性的減退、うつなどが症状に出てきます。
女性では冷え、動悸、めまい、多汗、うつなどが症状に現れ、様々な病名を発症するリスクを秘めている大変危険な症状です。
1000年以上前とある国の王妃が不老長寿の薬として重宝していた薬から歴史が流れ、日本ではサプリとして50年以上沢山の人に重宝されてきた商品もあり、現在でも大きな役割を日本人にもたらしています。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年2月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728